今日の長万部

長万部海岸。【追記あり12/25】

投稿日:2020年12月24日 更新日:

こんにちは! infoまんべです👓

今日はクリスマス・イブですね🎄❄

しばらく温かい日が続きましたが、あさって頃からまた雪が降ってきそうです⛄

さて、長万部海岸は内浦湾の最奥部にあります。

右側には駒ケ岳、左側には羊蹄山がちょっとだけ見えたり、お天気がいいと室蘭方面まで見られるというとても景観のいい海岸です。

ですが、よくお客様からゴミが多いと苦情をいただきます。

町としても年間数千万円かけて清掃を行っていますが、それが追いつかないくらいゴミが漂着してしまいます💦

漁具や、流木、よく見るといろんな国の文字がかかれたものまで。

そんな状態を憂いている協力隊員のRIKAさんが率先してゴミ拾いをしています。

それに賛同した、長期滞在している長万部を愛する旅人2名、町内有志が不定期で海岸の清掃をしてくれています。

 

RIKAさんの話を聞いて、町のためになるならとお手伝いを始め、海が綺麗になると嬉しいし身体も動かせるし、なにより締めの温泉と瓶コーラが最高と語ってくれました♨

  

  

 

ゴミ拾いは大変ですが、楽しそうにやってくれているのが救いです🎵

  

今、世界で海洋プラスチックごみが問題となっています。

これは長万部町だけの問題ではなく、ひとりひとりが意識を変えていかなければいけませんね。

いつまでもこの綺麗な海を守っていきたいです。

町外から長万部に来られた協力隊員や旅人の行動に感謝&感動しつつ、一町民としても考えていかなければ…💦

 

【追記12/25】

昨日、この記事をFacebookにもアップしたら、元協会スタッフの才媛N嬢がとても興味深い昔の話を教えてくださいました。ありがとうございます(以下原文まま)

浜のプラゴミ・産廃は由々しき問題だが、海洋漂着物は昔からのもの。

松浦武四郎が完成させた東西蝦夷山川地理取調図や、菅江真澄の紀行文などに、ヨリキツカという地名が残っている。

曰く、アイヌ語では子ツヌシャ(ネツヌシャ)と言い、流木がどこからともなく集積する場所であるという。シケで物がなくなってもいつの間にか流木が戻っているそうだ。この子ツヌシャを和人が寄木塚(ヨリキツカ)と名付けた。

菅江真澄の紀行文によると、駒ケ岳からやってくる悪い魔人が長万部で悪さをしないように祈った場所だったともいう。時代が下ると、胆振国と渡島国の国境の標ともなった。

国境としてのヨリキツカは、具体的にここだという場所は失われてしまったが、真面目に探せばわかる気がする。

平取なんかに倣って今風に言えば、「アイヌ文化伝承地」。

 

-今日の長万部

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

節分です

こんにちは。スタッフМ子です。 早いもので2021年も1ヶ月が過ぎ、今日2月2日は節分です。 今年の立春は2月3日なので、その前日である今日2日が節分となります。 節分が2月2日になるのは124年ぶり …

長万部公園 花さんぽ2021、その1

こんにちは! infoまんべです👓 午前中の記事の通り、私も長万部公園へ行ってみました♬ 1年ぶりの桜~🌸   と感動したのもつかの間…💦 私の周りに、ブヨがぶんぶんと飛び回り撮るどころじゃなくなっち …

明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします🌅 2022年が始まって1週間が経とうとしています。 昨夜、また大雪が降りましたが今朝は抜けるような青空です。   飯生神 …

長万部公園 花さんぽ

こんにちは! infoまんべです👓 やっといいお天気になったので、午前中に長万部公園に花の写真を撮りに行ってきました📸 例年ですとこの時期は、家族連れのキャンパーで賑わっていますが、残念ながら今年はコ …

飯生神社例大祭:神輿渡御

こんにちは! infoまんべです👓 さきほど、小雨の中お神輿が駅前を通って行かれました。   ピーヒャラピーヒャラ🎵 この音が聞こえてくるとわくわくしてくるのは、日本人だからでしょうか(笑 …