お知らせ

深まる秋

投稿日:

こんにちは🍁

infoまんべです👓

日本各地に被害をもたらした台風19号の傷が癒えぬまま、次の台風が接近しているようですね。

皆様の地域では被害はありませんでしたか?

連日、TV等での報道を見るたび余りの惨状に心を痛めています。

心よりお見舞い申し上げます。

もうこれ以上、被害がありませんように・・・

 

ここ北海道、道南では先週あたりから雪虫が飛んでいます。

秋が深まるというよりも、着実に冬の足音が聞こえています。

 

またまた、T-11氏に写真をいただきました。

いつもありがとうございます。

真っ赤な葉が絡まっている木は、長万部公園にある大木です。

⬆こちらは、双葉の風景

⬇こちらは、二股渓谷

陽の光を浴びて輝く紅葉が綺麗ですね。

 

【雪虫】

雪虫(ゆきむし)とは、アブラムシ(カメムシ目ヨコバイ亜目アブラムシ上科)のうち、白腺物質を分泌する腺が存在するものの通称。体長5mm前後の全身が、綿で包まれたようになる。
この虫の呼び名としては、他に綿虫、東京地域のオオワタやシーラッコ、シロコババ、京都地域の白子屋お駒はん、伊勢地域のオナツコジョロ、水戸地域のオユキコジョロがある他[2]、ユキンコ、しろばんばといった俗称もある。小説『しろばんば』のタイトルは、この虫の中に由来する。
具体的な種としては、トドノネオオワタムシやリンゴワタムシなどが代表的な存在である。
アブラムシは普通、羽のない姿で単為生殖によって多数が集まったコロニーを作る。しかし、秋になって越冬する前などに、羽を持つ成虫が生まれ、交尾して越冬のために産卵する。この時の羽を持つ成虫が、蝋物質を身にまとって飛ぶ姿が、雪を思わせる。アブラムシの飛ぶ力は弱く、風になびいて流れるので、なおさらに雪を思わせる。
北海道では、初雪の降る少し前に出現すると感じられることが多いため、冬の訪れを告げる風物詩ともなっている。

※Wikipediaより

 

 

 

 

-お知らせ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

花火大会順延のお知らせ

こんにちは。 infoまんべです👓   長万部町祭典実行委員会からのお知らせです。   今夜予定されていた花火大会は 明日11日(日)に順延されました。 本日予定されていた神社横でのイベントも明日に順 …

『さっぽろオータムフェスト2019』お知らせ

9月28日(土)、29日(日)『さっぽろオータムフェスト2019』8丁目会場長万部町ブース『かにめし本舗かなや』でのまんべくんの出演は、都合により中止とさせ頂きます。楽しみにしてくださっていた皆様には …

ご当地入場券とかにめし弁当

北海道と青森県、101の市町村にJR北海道417の駅があります それぞれの街の表情があり、そして101の鉄道風景があります 2017年より発売を開始したJR北海道わがまちご当地入場券は それぞれの街に …

ブギウギ専務VSまんべくん!対決はいかに!?

こんにちは。infoまんべです。   ゆうべは酷いお天気でしたね。長万部でも30㎝は降ったのではないでしょうか。 吹きだまりのある所はそれ以上でしたね。駅横駐車場も停めるのがやっとでした💦 …

快挙!川瀬チーズ工房さん

こんにちは infoまんべです👓 先日開催された「第12回ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト」において 長万部町にある「川瀬チーズ工房」さんの「フリル」が、見事‼ 最優秀賞の農林水産大臣賞 …