遊ぶ、体験イベント
長万部には海・山・川と、自然を楽しめるところが盛りだくさん!中でも1年を通して楽しめる長万部の釣りは、大人気!
地元だけでなく各地からフィッシャーマンが訪れる人気のスポットです。
また、初夏からスタートする太陽のように賑やかなお祭り等、注目してほしいイベントが満載です。
遊び場紹介

■登山・トレッキング■

渡島山地の北端に位置する長万部には、噴火湾を一望できる素晴らしい眺めの山があり、軽登山に最適です。 標高498mと登りやすい高さの「写万部岳」からは、噴火湾のパノラマが眼下に広がります。 頂上からのさえぎるもののない広大な景色と澄み切った空気が何とも言えない感動を与えてくれます。 また、標高972.4mの長万部岳は、日本海側と太平洋側を分ける分水嶺となっており、両方の海を 見渡せる人気の山です。

▶詳細はこちら

■釣り■

一年を通して釣りを楽しめる長万部町は、アイヌ語で「カレイのいるところ」を意味し、その名の通り “平もの”と呼ばれるカレイ類・ヒラメ類のメッカです。冬でも比較的温暖で雪も少ないため、季節を問わず 様々な種類の魚を釣ることができます。道内各地、遠くは本州からも釣り客が訪れ、季節毎に異なる種類 の釣りが楽しめます。 また、渓流釣りのポイントも豊富で、海釣りだけでなく渓流釣りも人気。長万部川上流や紋別川では 大物のヤマベやニジマスが釣れます。 詳細ページの、釣りカレンダーや遊漁船情報、釣り情報ブログもご覧ください。

▶詳細はこちら

■静狩海岸の鳴き砂■

「鳴き砂」ってご存知ですか?砂浜を歩くとキュッキュッと音が鳴る砂の事で、道内では長万部町の静狩海岸、 室蘭市イタンキ浜、小清水町の3か所、全国でも約30カ所でしか確認されていない貴重な砂です。 長万部の鳴き砂を発見したのは何と町内の小学生でした。鳴き砂は、粒のそろった石英の砂粒がこすり合って 音を出すと考えられ、静狩海岸の約4.5kmに渡って続いています。

所在地:長万部町字静狩
問合せ:長万部観光協会
TEL:2-2270

▶詳細はこちら

■長万部公園・とみのの森■

春、桜の花々が咲き乱れ、お花見で賑わうと、夏にはキャンプでたくさんの人が集まる総合公園。 町花のあやめ等の花と緑の庭園や、レクリエーション施設、テニスコート等のスポーツ施設があり、 ご家族やご友人同士、お一人でふらり、「とみのの森」を散歩するなど、たくさんの楽しみ方があります。 キャンプ場としての設備も清潔で万全、テントサイトの他、トイレや流し台を完備したバンガローも人気です。

所在地:長万部町字富野
問合せ:長万部町産業建設課
TEL:2-2456

▶詳細はこちら

■静狩湿原■

原始の記憶をとどめる湿原で、原生の花々が季節毎、次々に咲いていきます。 随所に小沼がひっそりと水をたたえ、春には「ミズバショウ」、初夏にはアヤメの原種「カキツバタ」や「ワタスゲ」 「エゾカンゾウ」そして食虫植物の「モウセンゴケ」などが見られ、自然そのままの湿原を間近で 手に取るように観察できます。湿原の中を野鳥が飛び、さえずる声もまた心に響きます。

所在地:長万部町字静狩

▶詳細はこちら

■あやめ公園■

南部陣屋川の河川敷にある広がりが爽快な河岸公園。初夏には艶やかなアヤメが咲き誇り、ハマナスの 花も目を楽しませてくれます。そんなあやめ公園にあるパークゴルフ場(有料)は全36ホール。 町内外からたくさんの利用客が訪れます。さわやかな汗と笑い声が楽しい公園です。

所在地:長万部町南部陣屋川河川敷地
問合せ:長万部町産業建設課
TEL:2-2456

▶詳細はこちら

■ほたるの里■

町内で写真館を営む小泉さんは、かつてほたるが乱舞していた頃の、ほたるの住む里を取り戻そうと仲間を集め「ほたるの会」を結成し、 生息環境を整え、毎年ほたるを育てては、放流を続けてきました。現在では放流せずとも蛍が自然孵化し、夏になると ほたるの幻想的な光の舞が見られる美しい里に。見る者を魅了する、ほたるの優しい光を、是非ご覧になって頂きたいです。 ほたるの里では、春夏秋冬四季の移ろいが美しく、桜や紅葉の他、ねじ花、カタクリ、エゾエンゴサクなど可憐な 植物の自生する場所でもあります。

所在地:長万部町字蕨岱
問合せ:有限会社 小泉写真館
TEL:2-5371

▶詳細はこちら

■小幌海岸■

絶壁と奇岩の景観で人気の海岸。夏には釣り好きや家族連れ、電車好きなどが訪れます。道路、歩道はなく、静狩漁港から船で20分ほどで到着。また鉄道マニアには日本一の秘境駅とも呼ばれる小幌駅があります。小幌駅付近には、人家はなく駅の両側をトンネルに挟まれた究極の秘境駅と言われています。岬近くにある洞窟「岩屋観音堂」には1666年に「円空」がそこで彫ったといわれる仏像「岩屋観音」が安置されています。 静狩漁港から出発する遊漁船で小幌沖でのヒラメ・カレイ・ソイ・サクラマス釣り、海岸の岩場ではアブラコ・ソイ等のロックフィッシングが人気です。

▶詳細はこちら

■茶屋川の滝■

平成に新発見された滝で、国縫川上流の国有地、茶屋川の原生林の中に隠れていた幻の滝。高さ 70 〜 80 mと渡島管内最大級の規模を誇るこの滝、以前から水音などは確認されていたのですが、原生林の中で容易に近づけず、幻の滝としてささやかれていました。秋はクマの出没に注意!
※クマ出没の危険があるため、単独での散策はできません。

所在地:長万部町字茶屋川

▶詳細はこちら

■大峯のぶなの巨木■

知る人ぞ知る巨木。黒松内方面に向かう途中、二股らぢうむ温泉の入口付近にある最北限のぶな巨木です。長万部中心部から国道 5 号線を黒松内へ向かい、左手にある温泉入口から入ると車を駐車できるスペースがあり、そこから 5 分ほどのところにどっしりと根を下ろしています。木の幹の周囲はおよそ 4 m。樹齢 300 年〜 400 年とも推定されます。神聖な雰囲気に心が洗われ、木の持つ力を受けられるような場所です。まさしく自然の大きさを感じられるパワースポットといえるでしょう。

所在地:長万部町字大峯

▶詳細はこちら

■長万部イベント■

熱い夏の祭り、幻想的な冬のイベントをご紹介。 町内外から多くの人が集まる、長万部を代表する一大イベント「おしゃまんべ毛がにまつり」や、 「静狩稲荷神社祭典神輿海中禊」、若者たちのボランティアで実施される「飯生神社例大祭夜みこし行列」など 熱い夏の夜をさらに熱くする夏の祭り。冬には、地元有志達が協力し、一万五千個の電飾を点灯するイルミネーション 「ファンタジックおしゃまんべ」「アイスキャンドル」などの、幻想的で心温まるイベントがあります。

▶詳細はこちら